Requires a javascript capable browser.

外装リフォーム専門店のガイソー佐賀店

佐賀店

0120-81-3766 ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼★好評 資料請求 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 早期発見がカギ! 原因が様々な雨漏り
外壁・屋根
リフォームコラム

早期発見がカギ! 原因が様々な雨漏り

2021年07月22日

 みなさんはご自宅が雨漏りした経験はありますか?
もし雨漏りしてしまったら・・・ 突然のことに動揺して困ってしまいますよね。

雨漏りには様々な原因があり、雨漏りするのは古い家だけではありません。
雨漏りの原因には経年劣化と施工不良があるので、新築して間もない住宅でも雨漏りが発生することがあります。
そして雨漏りは住宅の天井や壁、サッシ廻りなど様々な場所から発生します。

「たいしたことではない」と雨漏りを放置しておくと、建物の構造躯体にまで被害が及び、カビやシロアリが発生する可能性があります。したがって雨漏りを放置していると住宅の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

しかし雨漏りの原因は様々なので、その原因を特定するのはプロでも決して簡単なことではありません。
雨水が侵入している箇所と、実際に雨水が確認できる場所が離れているケースもあるためです。
そのため雨漏り修理では、まずは建物を詳しく調査して原因を特定し、適切な修繕を行うことが不可欠になります。
原因箇所が特定できないまま、やたらと懸念箇所の修理を繰り返しても、時間ばかりかかってしまうだけで、雨漏りが止まることはありません。

そこで本記事では、雨漏りの主な原因や雨漏り調査の方法、自分でできる雨漏りのチェックポイントなどを詳しくご紹介したいと思います。

雨漏りの原因とは?

雨水が侵入する箇所の多くは、「屋根(屋上)」「外壁」「サッシ廻り」「バルコニー廻り」です。
それぞれの発生箇所ごとに雨漏りの原因があり、まずはそれらを詳しく調査する必要があります。
建物の部位ごとの雨漏りの原因となっている可能性が高い事象は次の通りです。

◆屋根
・屋根材の飛散
・屋根材のひび割れ
・屋根材のズレや浮き
・瓦屋根の漆喰の崩れや剥がれ
・板金の浮きやめくれ、飛散、腐食
・鋼板屋根の腐食
・雨樋の詰まり

◆外壁
・外壁のひび割れ、破損
・目地シーリングの劣化(亀裂や剥がれなど)
・外壁と軒天井の取り合い部分の隙間



◆サッシ廻り

・シーリングの劣化、施工不良

◆バルコニー廻り
・防水層の劣化(浮きや剥がれ、破れ)
・防水層の立ち上がりの施工不良
・排水口の劣化や詰まり
・バルコニー笠木(腰壁などの立ち上がり部分の頂部に取り付けられている金属製の部材)周りの劣化や施工不良
・鉄部の腐食

上記の部分が原因であれば、比較的容易に原因を見つけ出すことが可能ですが、実際にはそうとばかりはいえません。
各部位の取り合い部分の施工不良や、後から設置した太陽光パネル取り付け時の穴、屋根塗装工事を行った際の縁切り不良、シーリングで本来必要だった隙間を埋めてしまったケースなど、プロでも誤った施工を行ってしまうこともあります。
またDIYで行った作業が雨漏りの原因になることも決して少なくありません。

この様に雨漏りには様々な原因があるので、信頼できる業者にしっかりと調査してもらうことが大切です。

雨漏り調査の方法とは?

プロによる雨漏り調査には様々な方法がありますが、主に「目視調査」「散水調査」「発光液調査」「赤外線サーモグラフィー調査」が良く知られています。
それぞれの調査方法は次の様になります。

目視調査
雨漏りの状況から雨漏りが疑われる箇所を推測し、屋根に登ったり、天井裏を覗いたりして、雨水が侵入した形跡がないか、不具合はないかを目で見て調査する方法です。
必要に応じて、天井や壁を一部剥がして調査することもあります。
調査する人の経験や実績によって精度が異なってしまうのが難点ですが、ある程度的確に判断できる人であれば精度の高い調査が期待できます。

散水調査
目視調査の結果、雨漏りの原因と思われる箇所に実際に水をかけて雨漏りを再現する方法です。
場合によっては半日近く水かけが必要になるケースもありますが、水をかけることによって雨漏り(水漏れ)が発生すれば原因箇所が明らかになります。
ただし水かけが必要な場所によっては足場の設置が必要になるので、足場の架設費用がかかります。
また、台風などは再現することが難しい場合もあるのが難点です。

発光液調査
発光塗料を混ぜた専用の検査液を、雨水の侵入箇所と思われる部分に流し込んで天井裏から紫外線を当てて発光させ、侵入口を特定する方法です。
雨漏り箇所が複数あると考えられる場合に、散水調査でおおよその原因箇所を特定した後で行われることが多い様です。
場所によって発光液の色を変えることで、それぞれの雨水の侵入経路を知ることができます。

赤外線サーモグラフィー調査
建物を高感度赤外線カメラで撮影し、温度変化で建物内部に雨水が侵入しているかどうかを判断します。
手で触ってもわからないレベルの微細な温度差まで検知し、可視化することが可能です。
一方、雨漏り箇所が濡れている時にだけ有効となるものなので、注意が必要です。
そして他の調査と比較して高価で、建物の周囲が他の建物に囲まれている場合には不向きといえます。

自分でできる雨漏りのチェックポイント

雨漏りはできるだけ早期に発見して適切な修理を行うことが大切です。
雨漏りチェックは自分で行うことも可能ですが、屋根に登ったりすると非常に危険なので、建物周囲の地上やバルコニーなどの安全な場所から無理のない範囲で行う様にしましょう。
また可能であれば、天井点検口や床下点検口から天井裏や床下を覗いて確認してみましょう。
ここでは自分でできる雨漏りのチェックポイントをご紹介します。

■屋外
・屋根材にひび割れや欠け、ずれなどはないか
・屋根漆喰の崩れや剥がれはないか
・屋根板金の浮きやめくれ、腐食などはないか
・外壁にひび割れや欠け、染みなどはないか
・外壁の目地のシーリング(コーキング)の劣化(亀裂や剥がれなど)はないか
・サッシ廻りのシーリング(コーキング)の劣化(亀裂や剥がれなど)はないか
・外壁と軒裏の間に隙間がないか
・軒裏にひび割れや染みなどはないか
・バルコニーの防水に剥がれや浮き、破れなどはないか
・バルコニーの笠木や手摺にシーリング切れや錆の発生などはないか
・鉄部に錆や腐食が発生していないか

■室内
・天井裏に水染み跡がないか
・天井や壁に水染み跡がないか
・天井や壁にカビが発生していないか
・サッシ廻りに水染み跡がないか
・室内にカビやキノコが発生していないか
・床下に水たまりはないか

上記に該当する項目があっても必ずしも雨漏りしているとはいえませんが、雨漏りの可能性があるので、専門業者に相談してきちんと点検してもらっておくと安心です。
手遅れにならないうちに早めに対処する様にしましょう。

まとめ

雨漏り調査は、プロに依頼しても原因を究明するまでに1か月以上かかってしまうこともめずらしくありません。
それほど「簡単ではない」ということを知っておくことが大切です。

「雨漏り」と聞くと一般の方は屋根からの雨漏りをイメージしがちですが、実際には屋根からの雨漏りはそれほど多くはありません。
したがって雨漏りの専門知識を持った人に、しっかりと調査してもらうことが重要です。

原因を究明できないままの状態でやたらと修理を行っても、お金がかかってしまうだけで、決して雨漏りが解消することはありません。
また雨漏りの原因箇所が複数ある場合もあるので、雨漏り修理では業者選びが極めて重要になります。

信頼できる業者にできるだけ早めに相談する様にしましょう。


メール相談 まずは相談という方はコチラ! お気軽にお問い合わせください!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!